Nexus7(2013年モデル)にAndroid 8.1(Oreo)をインストールしよう

スポンサーリンク

必ずお読みください

●今回紹介するバージョンは、正式なOSではありません。有志が作成したカスタムファームウエアです。
●この記事内の方法は、端末のデータがすべて消えます。ご注意ください。
●この方法はWindows向けの記事です。
すべて自己責任の上で行ってください。

必要ファイルのダウンロード

◎ADBがダウンロードされている方はスキップしてください。

●ADB本体https://dl.google.com/android/repository/platform-tools-latest-windows.zip

●Google(Nexus向け)ドライバhttps://dl-ssl.google.com/android/repository/latest_usb_driver_windows.zip?hl=ja

ADBの環境を構築しよう

◎ADBの構築が終わっている場合はこの項目をスキップしてください。

手順1.ダウンロードした、ADB本体(Platform-tools~.zip)をダブルクリックし、フォルダー内の「platform-tools」をデスクトップに移動させます。これでADB本体の構築は完了です。(この記事では、デスクトップで行います。)

手順2.ダウンロードした、Google(Nexus向け)ドライバ(latest_usb_driver_windows.zip)を開き、フォルダー内の「usb_driver」をデスクトップに移動させます。

手順3.デスクトップに移動した「usb_driver」を開き、「android_winusb.inf」を右クリックし、「インストール」します。以上で構築完了です。

Nexus7のブートローダーをアンロックしよう

◎Nexus7のブートローダーがアンロックされている場合は、この手順をスキップしてください。
確認方法は、Nexus7の電源起動時に「南京錠が開いているアイコン」が表示されている場合は、アンロック済みです。

方法は、下記サイトをご覧ください。

Nexus7のブートローダーをアンロックしよう!
必ずお読みください ●ブートローダーのアンロックはメーカー保証の適用外です。 ●ブートローダーのアンロックは、端末のデータがすべて消...

Android 8.1(Oreo)をインストールしよう

手順1.Nexus7の電源を切ります。パソコンとNexus7を接続し、ボリューム(ー)を押しながら、電源を入れます。Droid君が横たわっている画面が表示されます。

手順2.platform-toolsフォルダー内に「twrp-3.2.1-0-flo.img」を移動させます。

手順3.パソコン画面の左下「Windowsマーク」をクリックし、「cmd」と入力します。コマンドプロンプトが表示されますので、右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

手順4.「ADBの環境を構築しよう」の手順1.で構築したADBのフォルダーを開き、URLをコピーします。

手順5.コマンドプロンプトを開き、「cd」と半角スペースを入力し、コマンドプロンプト上でマウスを右クリックします。すると下記のような文字列になると思います。

C:\WINDOWS\system32>cd C:\Users\ユーザー名\Desktop\platfotm-tools

▼エンターキーを押し、下記のような文字列になればOKです。▼

C:\Users\ユーザー名\Desktop\platfotm-tools>

手順6.「fastboot flash recovery twrp-3.2.1-0-flo.img」と入力し、エンターキーを押します。これでTWRPのインストールが行われます。

手順7.「fastboot reboot-bootloader」と入力し、エンターキーを押します。これでブートローダーが再起動します。

手順8.Nexus7のボリュームキーを操作し、「Recovery mode」を選択し、電源キーを押します。

手順9.TWRPが起動したら、特に設定するものはないので、スワイプしてメニュー画面を表示させます。

手順10.メニュー画面の「wipe」をタップし、「Format Data」を選択します。
YESと入力し、エンターキーを押します。
◎これでデータが初期化されます。

初期化が完了したら、「Back」を選択し、メニュー画面まで戻ります。

手順11.コマンドプロンプトにて、「adb push 」と入力し、あらかじめダウンロードしていた「XXX-Classic~followmsi.zip」をコマンドプロンプトにドラッグ・アンド・ドロップします。
続けて、「 /sdcard/」を入力し、エンターキーを押します。下記のような文字列になっていればOKです。

adb push C:\Users\ユーザー名\保存先ディレクトリ\XXX-classic~~followmsi.zip /sdcard/

この手順で、Nexus7のストレージに「XXX-Classic~followmsi.zip」をコピーします。

手順12.Nexus7で「Install」をタップし、手順11.で転送したファイル「XXX-Classic~followmsi.zip」をタップします。特に設定する項目がないので、スワイプしてカスタムファームウエアをインストールします。

手順13.「Reboot System」をタップします。その後、TWRPをインストールするか聞かれます。
TWRPをインストールする場合は、スワイプ。しない場合は、「Do Not Install」をタップします。
インストールは、どちらでもいいです。

その後自動的に再起動します。

GAPPS(Google製アプリやPlayストアなど)をインストールしよう

現在のままでは、Google製アプリやPlayストアがインストールされていないので、インストールする必要があります。

手順1.Nexus7の電源を切ります。パソコンとNexus7を接続し、ボリューム(ー)を押しながら、電源を入れます。Droid君が横たわっている画面が表示されます。

手順2.ボリュームキーを操作して、「Recovery mode」で電源キーを押します。しばらく待つと、TWRPが起動します。

手順3.「Mount」をタップし、「System」を選択後、画面下の「◀」をタップし、メニューへ戻ります。

手順4.コマンドプロンプトにて、「adb push 」と入力し、あらかじめダウンロードしていた「open_gapps~.zip」をコマンドプロンプトにドラッグ・アンド・ドロップします。
続けて、「 /sdcard/」を入力し、エンターキーを押します。下記のような文字列になっていればOKです。

adb push C:\Users\ユーザー名\保存先ディレクトリ\open_gapps~.zip /sdcard/

この手順で、Nexus7のストレージに「open_gapps~.zip」をコピーします。

手順5.Nexus7で「Install」をタップし、手順4.で転送したファイル「open_gapps~.zip」をタップします。特に設定する項目がないので、スワイプしてGAPPSをインストールします。

手順6.「Reboot System」をタップします。その後自動的に再起動します。

以上で完了です。お疲れ様でした!

番外編

一度、Nexus7をリセットしよう

手順1.ロック解除後、アプリ一覧を開き、「settings」をタップします。

手順2.「System」を開き、「Reset options」をタップし、「Erase all data」をタップします。

手順3.「RESET TABLET」をタップし、「ERASE EVERYTHING」をタップします。以上で初期化が始まります。

日本語化しよう

手順1.ロック解除後、アプリ一覧を開き、「settings」をタップします。

手順2.「System」を開き、「Languages & input」をタップし、「Languages」をタップします。

手順3.「add a language」をタップし、かなり下の方にある「日本語」をタップします。

手順4.「≡」を押して、日本語が1番目にくるように並び替えます。以上で完了です。

●記事の内容はお手持ちのデバイスで実際に動作しましたか?
もし動作しない場合、コメント欄にて書き込んでいただきますと問題解決に役立ちます。
  • ⭕使えた
  • ❌使えなかった

「見つける身つける」をフォローする

スポンサーリンク