1万円で買える!Androidとwindows10のハイブリッドタブレット「chuwi HI8」のまとめ

スポンサーリンク

製品情報

●Windows10搭載 32bit
●android 4.4.4
●CPU intel atom Z3736F /64bit
●メモリ 2GB
●ストレージ 32GB. 実際にWindowsで使える容量は9GBほどですが、microSD(最大64GBまで)を使用して拡張することが可能です!
●バッテリー 5000mA/h (windowsだと電池の減りがかなり早いです!使用時間は約2〜3時間ほど)
●本体重量 約310g 持つとわかるのですが、非常に軽量!
●充電時の電流等(電源出力、コードによって大幅に変わります。)

★windows起動時(電源オフ) 約1.40A
★windows起動時(電源オン、液晶オフ) 約1.30A
★windows起動時(電源オン、液晶オン) 約0.60A
☆android起動時(電源オフ)  約1.00A
☆android起動時(電源オン、液晶オフ) 約0.60A
☆android起動時(電源オン、液晶オン) 約0.60A

◎windowsで起動した状態の方が、充電速度が速くなっています!なぜだろう?

※なお、画面外部出力端子が付いていないので、hdmi等を使用して外部出力することができません!しかし、USBタイプの出力は対応しています。(duet display等 確認済み)

動作確認済み

Windows動作確認済みソフト

●iTunes 32bit 最新バージョン
●ifunBox 32bit 最新バージョン
●project 64(32bit)
●kingsoft internet security 2017
●マインクラフト (windows 10 ver)
●duet display(iphone,ipadをモニタにするソフト)

android動作確認済みアプリ

●GTA SA(解像度など高スペックにすると、すこしカクつく。)
●SuperSU
●Minecraft PE
●google map
●google play music

本体の容量を増設する

本体の容量が実質9GBなので、microSDを仮想HDD化しました。仮想HDD化することにより、windowsソフトもインストールすることが可能になります。
筆者が参考にしたサイトは下記のリンクです。

参考サイト

本体を充電しながらUSBハブを利用する

microUSBポートが一つしかないので、充電しながらUSBポートを利用することができません。
しかし、下記のようなwindows対応OTGケーブル製品を利用すると利用可能になります。

chuwi Hi8のリカバリ

筆者はchuwi Hi8のリカバリをしたのですが、とてもファイルを集めるのが大変だったので、一つのファイルにまとめました。
自己責任でお願いします。
◎ファイルをダウンロード後、解凍しSTEP1から順に行ってください。


ChuwiHi8-リカバリーファイル(688MB)

サム情報
CRC32:4AE50A13
SHA1:0BDC0E15D9BDD6B612D322672D9563E4755307

「見つける身つける」をフォローする

スポンサーリンク