サイト内検索


iOSデバイスをダウングレードする方法(futurerestore)

*条件*

• 有効なnoapnonceのshsh2を保存している

• shsh2のnonceをセットできる(tf0p) or 特殊条件を満たしている

基本的には脱獄必須です(tf0pが有効)

• 復元したいファームウェアと現在の最新バージョンのファームウェアにsepの互換性がある

1.インストール

  • shsh2

2.デバイスでshsh2内のgenerator(Nonce)をセットする

ダウングレードにはデバイスのNonceとshshのNonceが一致する必要があります

Nonceをセットする場合は基本的に脱獄が必須となります

iOSデバイスでNonceをSetする方法
iOSをダウングレードするために必要なNonceをセットす...

(nvpatchが有効なら以下のコマンドでセットできます)

nvram com.apple.System.boot-nonce={generator}

*generatorはshsh2内に書いてあります

3.最新のファームウェアを解凍し必要ファイルを用意

*ファームウェアの拡張子をipswからzipに変更して下さい

  • BuildManifest

~/BuildManifest.plist

  • Baseband

~/Firmware/xxx-y.yy.yy.Release.bbfw

*Wi-Fi Modelはの場合は不要です

  • sep

~/Firmware/all_flash/sep-firmware.xxx.RELEASE.im4p

*shsh2,復元したいバージョンのファームウェアと含めてfuturerestoreのファイル内に入れてください

sepが複数あり、どれを選べば分からない時はこのアプリを入れてください

CPU Identifier

Device Modelに書いているモデル番号が選ぶべきsepとなります

4.コマンドプロンプトを起動しfuturerestoreのフォルダを選択

cdコマンドを使ってfuturerestoreのディレクトリを選択してください

cd {~\futurerestore}

(例)windowsのCドライブの場合

cd C:\Users\username\Desktop\futurerestore

(例)Macの場合

cd Desktop/futurerestore

5.コマンドを入力

WindowsとMacやダウングレードしたいデバイスによって入力するコマンドが違います

入力を間違えると最新バージョンに復元することになるかもしれないので注意してください

Windows

  • iPhone,iPad(Cellular)

futurerestore.exe -t {shsh2} -b {Baseband} -p {BuildManifest} -s {sep} -m {BuildManifest} {ipsw}

(例)iPhone 5s の場合(11.3.1)

futurerestore.exe -t ticket.shsh2 -b Mav7Mav8-8.55.00.Release.bbfw -p BuildManifest.plist -s sep-firmware.n51.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPhone_4.0_64bit_11.3.1_15E302_Restore.ipsw

  • Wi-Fi Modelの場合(iPad,iPod Touch)

futurerestore.exe -t {shsh2} –no-baseband -s {sep} -m {BuildManifest} {ipsw}

(例) iPad Airの場合(11.3.1)

futurerestore.exe -t ticket.shsh2 –no-baseband -s sep-firmware.j71.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPad_64bit_11.3.1_15E302_Restore.ipsw

MacOS , OS X

  • iPhone,iPad(Cellular)

./futurerestore -t {shsh2} -b {Baseband} -p {BuildManifest} -s {sep} -m {BuildManifest} {ipsw}

(例)iPhone 5s の場合(11.3.1)

./futurerestore -t ticket.shsh2 -b Mav7Mav8-8.55.00.Release.bbfw -p BuildManifest.plist -s sep-firmware.n51.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPhone_4.0_64bit_11.3.1_15E302_Restore.ipsw

  • Wi-Fi Modelの場合(iPad,iPod Touch)

./futurerestore -t {shsh2} –no-baseband -s {sep} -m {BuildManifest} {ipsw}

(例) iPad Airの場合(11.3.1)

./futurerestore -t ticket.shsh2 –no-baseband -s sep-firmware.j71.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPad_64bit_11.3.1_15E302_Restore.ipsw

*Tabキーを押すとファイル名を自動入力してくれます,

*ドラッグドロップでもできます

6.futurerestoreの実行

デバイスをPCに接続して上記のコマンドをEnterキーで実行するとfuturerestoreが開始します

「Done: restoring succeeded.」

表示されたら成功です

*実行中にはケーブルを絶対に抜かないで下さい

*もし、Nonceが一致しない場合はNonceのセットをやり直してください

*リカバリーモードで停止してしまったら..

futurerestore.exe –exit-recovery

futurerestoreが失敗してRecovery modeで止まってしまった場合は上記のコマンドでノーマルモードで起動することができる可能性があります

この記事が「役に立ったよ」という人は応援クリックお願いします
 ▼ ▼ ▼

シェアする

フォローする