iOS11.3.1のSHSHは現在も発行中!脱獄できる可能性が高いので今のあいだにアップデートを!!

iOS11.4の正式版リリースにより、前バージョンのiOS11.3.1に対するぜい弱性や脱獄ツールの公開予定などさまざまな情報が出てきました。
iOS11.4にアップデートしてしまった方は、今ならiOS11.3.1のSHSHは発行されていますよ!!

ただ、ダウングレードできるのはSHSHが発行されている間だけです!発行終了がいつなのかはわかりません。
iOS11.3.1にしたい方は急いでソフトウェアアップデートを!!

スポンサーリンク

アップデート(ダウングレード)方法

2018/06/01 16:30現在・・・iOS11.3.1のSHSHは発行されています。

最新版iOSの公開後、iTunesにて通常通りソフトウェアアップデートを行うと、最新版iOSが選択される仕様になっています。
旧バージョンのiOSをインストールする場合は、手動で選択する必要があります。
Windows・MacOSで方法が少し異なります。

Windows

手順1.下記サイトへアクセスし、自分のデバイスにあったものを選択し、ダウンロードします。
拡張子がzipになる場合があります。その場合は、ipswに書き換えてください。

Signed IPSWsと表示されているものは、現在もSHSHが発行されています。
Unsigned IPSWsと表示されているものは、現在SHSHが発行されていません。

https://ipsw.me/#!/platform

手順2.iTunesを起動し、iOSデバイスを接続します。

手順3.「Shift」キーを押しながら「アップデート / XXXXを復元…」をクリックします。
※XXXXを復元…をクリックすると、iOSデバイスが初期化されます。アップデート前に必ずバックアップを取りましょう。

手順4.手順1.でダウンロードしたiPSWを選択すると、自動的に アップデート/復元 が開始されます。

MacOS

手順1.下記サイトへアクセスし、自分のデバイスにあったものを選択し、ダウンロードします。

Signed IPSWsと表示されているものは、現在もSHSHが発行されています。
Unsigned IPSWsと表示されているものは、現在SHSHが発行されていません。

https://ipsw.me/#!/platform

手順2.iTunesを起動し、iOSデバイスを接続します。

手順3.「Option」キーを押しながら「アップデート / XXXXを復元…」をクリックします。
※XXXXを復元…をクリックすると、iOSデバイスが初期化されます。アップデート前に必ずバックアップを取りましょう。

手順4.手順1.でダウンロードしたiPSWを選択すると、自動的に アップデート/復元 が開始されます。

●記事の内容はお手持ちのデバイスで実際に動作しましたか?
もし動作しない場合、コメント欄にて書き込んでいただきますと問題解決に役立ちます。
  • ⭕使えた
  • ❌使えなかった

「見つける身つける」をフォローする

スポンサーリンク