サイト内検索



「iOS11.1.1~11.1.2」のSHSHが発行終了。ダウングレード不可に…

本日12月16日、iOS11.1.1~11.1.2のSHSHが発行を終了しました。
今後、こバージョンへのダウングレードはできなくなります。

SHSHとは

SHSHとは、Apple社が発行している署名されたハッシュです。
「Signature Hash」略してSHSH(シュシュ)と呼ばれております。

iOSデバイスを更新、復元される際に使用されます。これがないと更新、復元ができなくなります。
また、SHSHはそのデバイスのみ利用可能なので、他のデバイスのSHSHを流用することはできません。

iPSWとは、iPhone、iPod,iPadのOSが入っているデータです。
basebandとは、iPhone,iPad(セルラーモデル)で携帯回線を利用するためのものです。
iPhone,iPad(セルラーモデル)は、iPSW,baseband用のSHSHがそれぞれ発行されております。

通常の更新、復元の過程は下記とおりです。

任意バージョンの更新、復元が要求(通常は最新のバージョン)

iPSWを展開(iPSWの中にOSデータが入っているので取り出す。)

任意バージョンのSHSHを確認(ここでSHSHが発行されていなかった場合エラーが出る)

OSデータをiOSにコピー(この前にiOSデバイスにエラーがないかチェック)

OSデータのコピー完了。

【iPhone,iPad(セルラーモデル)のみ】Basebandチップのエラーが無いかチェック。(あった場合エラーが出る)

【iPhone,iPad(セルラーモデル)のみ】ベースバンドの更新。

iOSへ書き込みが成功した場合は完了。失敗した場合はエラーが表示。

SHSHの発行が終了するとどうなるの

発行が終了したバージョンへは更新、復元ができなくなります。
また、将来にダウングレードする手法が確立された場合のためにSHSHをバックアップする方もいます。(TSS saver)

●記事の内容はお手持ちのデバイスで実際に動作しましたか?
もし動作しない場合、コメント欄にて書き込んでいただきますと問題解決に役立ちます。
  • ⭕使えた
  • ❌使えなかった

シェアする

フォローする